枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

抱き枕の効果について|使用すると腰痛改善などのメリットがあります

      2016/01/11

LINEで送る
Pocket

今回は抱き枕について説明していきましょう。

抱き枕にどういったイメージをお持ちでしょうか。アニメにアイドルの絵がプリントされているものが多く、何となく敬遠しているという方も大勢いらっしゃることでしょう。

しかし、抱き枕は非常に効果のあるものです。

抱き枕の効果

抱き枕は体の負担を減らしてくれます。

抱きまくらは、いびき改善、腰痛、肩・ひざ痛などさまざまな効果があるといわれています。さらに、リラックス効果もあります。

この効果について説明していきましょう。

抱き枕は通常、横向きに寝るものですね。横向きに寝ると体圧を分散し、身体への負担を軽減してくれます。これは特に膝などに効果があります。また、腰の痛み具合によって寝方を変える必要がありますが、腰に負担をかけにくい寝方として横向きは重宝されます。

腰痛に悩まされている方には抱き枕を使った横向きをおすすめしたいですね。

さらに抱き枕を使用することで、抱きつく姿勢の寝相を維持しながら寝ることが出来ますね。これによって腰にかかる負担が小さくなります。

別の使い方として、あおむけに寝ながら使用するという方法もあります。

抱き枕といえば抱きつくのが定番ですが、あおむけに寝ながら自分のふとももの辺りに配置することも有効な使い道です。

腰痛を改善するには、腰にある仙骨の角度を正しい位置に戻すことが重要です。これで腰痛を改善することができます。

また、イビキの改善にも効果があります。

イビキがうるさい。

男性もそう言われるのは嫌ですし、女性は言われたくない言葉で上位に入ってくるでしょう。

仰向けで寝ていると舌がのどに落ちこみ、空気の通り道が狭くなるのでイビキをかきやすくなります。イビキ対策には、横向き寝やうつぶせ寝がおすすめです。抱き枕を抱くと姿勢が安定して、横向きや半うつぶせ寝で眠りやすくなります。

心の癒し効果

人間は何かに抱きつくと、精神的な安心感が得られることが実験でわかっています。

いろいろな理由で心が不安定になり、孤独感を感じている人は多いでしょう。そういったときに安心感を得られる抱き枕は有効です。人恋しいという感覚ですね。

触れる相手は生身の人間でなくても大きな癒し効果があることがわかっています。

抱き枕を抱えている姿勢が、母親のお腹の中にいる胎児の姿勢と似ることから、無意識的に母のお腹の中にいる時の頃の感覚を思い出して心が落ち着くと言われています。

抱き枕を使うデメリットとしては場所を取ることと、最初は慣れないことでしょうかね。

抱き枕はとてもいい効果があるので使用してみてはいかがでしょう。

 - 抱き枕関連