枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

枕の寿命ってどれくらいなの?替えどきの目安になるのは?

   

LINEで送る
Pocket

枕には寿命があります。

10年以上の長期で使っている人もいれば、1年足らずで枕を変えてしまう人もいます。平均すると大体3~5年程度で交換している人が多いようです。

その理由は様々ありますが、理由として多いのは「気分」とか「よさそうな枕を衝動買いしたから」といったものです。

さて、今回は枕の寿命とその買え時の目安について説明していきたいと思います。

枕の寿命ってどれくらい?

まず、最初に言いたいのは「枕を長く使用することはよくない」ということです。

物を大事にするのはとても素敵なことですが、枕のように生活の中で重要なウエイトを占めるものはしっかりと良いものを使うことが大事です。

そもそも枕を重要なものと考えていない人が多いのは残念ですが、人生の3割を占める睡眠です。しかも頭を支えてくれる重要な役割の枕は、古くから私たちの生活の一部として活躍をしてくれました。

枕を大事に扱い、そして睡眠時に安眠できるよいものを使いたいですね。

肝心の寿命についてです。

枕は使用していると高さが低くなったり、固くなったりします。

枕の素材の種類によって異なりますが、枕は最も長持ちする素材でも5年程度しか持たないので注意してください。あくまでも最長で「5年」です。枕の寿命については約2年をメドにしてください。

替え時としては2年が目安です。

この2年という根拠ですが、枕の高さが変わるからです。

人間の頭は体重の8%もあり、枕には大きな負担が掛かります。それによって枕の高さが変わってしまうことが最大の根拠です。合わない高さの枕はストレスの原因となってしまうので、交換してあげましょう。

 

素材別の寿命について

枕には寿命がありますが、素材によって若干異なります。

素材の違や各素材の特徴についてはこちらの記事をご覧ください。

素材 寿命
ポリエステルわた素材 2年程度
羽根素材 2年程度
そばがら素材 半年~1年程度
ストロー素材 3年~4年程度
ビーズ素材 1年程度
低反発ウレタン素材 1~2年程度
コルマ素材 3年~4年程度

あくまでも目安となっています。

判断する場合は弾力性とボリュームが基準となります。素材の大半が使用しているとボリュームがなくなってくるのですぐにわかりますね。

例外となるのは「そばがら素材」です。

そばがらは使用していると殻が割れるので、なるべく早期に交換してください。殻が割れると夏場は虫がわくので注意してください。

 - 枕の寿命