枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

枕の方角によって変化する運気|方角によってどういう効果があるの?

      2016/01/11

LINEで送る
Pocket

枕といえば昔から方角が重要と言われてきました。

多くの方が”北枕は良くない”などの言葉を聞いたことがあると思います。逆に北枕のほうが運気がアップするからオススメという言葉を聞くこともありますね。これらは風水が関係していると言われています。

今回はその中でも「枕と方角」の関係について説明をしていきましょう。

さて、まずは寝る方角の意味について考えていきましょう。

寝る方角に意味などないのでは、と思っている人も多いでしょう。しかし考え方のひとつとしては非常に興味深く、運が悪いと感じているのならば枕の方角を変えてみるのは非常に簡単ではないでしょうか。

枕の方角というのは風水や運気の考えです。

東枕の効果

東は太陽が登ってくる方角ですね。太陽の向きに頭を向けて寝る事によって、仕事運、成長、若さと言った運気を取り込むことができます。

エネルギーがあふれるので、若さを保つ、さらには美容にも効果があるとされています。

簡単に説明すると「元気になれるのが東枕」となりますね。

早起きにも効果があると言われ、活力にあふれていることが特徴といえます。年齢を感じている人、元気が必要な人などは東枕に変えてみることをオススメします。

地球は東方向に地球が自転しているため、人間は生理的に東枕が良いと言われています。

西枕の効果

冷静や落ち着きを得られる方角とされ、熟睡ができると言われているのが西枕です。

恋愛運や金運など全体的に安定させる効果があります。

日が昇ることで活力にあふれている東枕とは逆の意味合いを持っており、日が落ちる西枕のデメリットはやる気が出なくなってしまう事も懸念されます。

しかし日常で疲れている人などは西枕にしてぐっすり眠ることができます。

地球上のエネルギーが沈む運気を受け取るので、落ち着いて安定して過ごせます。疲れすぎて眠りたいという方にはとてもオススメです。

南枕の効果

よく言われるのが「北枕はダメ」という言葉ですが、実は最もダメなのが南枕です。

風水的には最悪と言われています。

自然の気の流れに逆らう方位と言われ、熟睡できないとされています。体の不調の原因とも言われ、自然の気の流れに逆らう方位でもあるのでエネルギーも上手く補充できないと言われています。これによって健康を損なう場合もあります。

しかし、南枕で寝ると才能運が上がると言われています。

芸術家など発想を大切にしている人に南枕はオススメといえますね。

北枕の効果

不吉なイメージのある北枕ですが、北枕は風水的にとても運気が上昇するとされています。

この理由ですが、地球上では磁気が南から北に向かって流れているため、北枕にすると頭寒足熱の状態になるのです。熟睡しやくなる方位とされ、風水的にはとてもオススメとなっています。

特に健康面では効果があるとされています。人間関係を円滑にしてくれるため仕事も順調に。

健康面で気を使っている人にはとてもオススメです。

各種方角の効果まとめ

上記ではいろいろと効果を述べてきました。

ここでわかりやすく効果をまとめましょう。

東枕・・・仕事運アップ

西枕・・・精神の安定

南枕・・・才能運のアップ

北枕・・・健康運のアップ

簡単にまとめるとこのようになっています。

特にデメリットのない「東」と「北」をオススメしたいところですが、自分に合っている方角で寝るといいでしょう。

 - 枕の方角