枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

枕の方角は東西南北だけじゃない|覚えておきたい方角について

      2016/01/11

LINEで送る
Pocket

枕の方角によって得られる効果。

それについては別の記事で紹介しましたね。ご覧になっていない方は確認してください。

さて、今回はその続きです。「東西南北を枕にして寝る」ことは紹介しましたが、それ以外というか、この4つの方角以外がどうなっているのか気になるところではないでしょうか。例えば”南西枕”とか、どういった効果があるのでしょうか。

北東枕

これは人気のある方角ですね。

北枕と東枕という嬉しい効果がある方角の中間といったところですね。

この方角の枕では、変化、転職、引っ越し、蓄財に恵まれると言われています。

北東の方角は”鬼門”です。鬼門とは鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角として扱われることがあります。しかし人間の体は方位的には鬼門のほうが眠れるとされています。

変化を求める時にはおすすめの方位です。

南東枕

南東枕についてです。

こちらですが、人間関係改善が期待できると言われています。誰かとケンカしたとき、上司と揉めたときはとてもオススメできる方角ですね。

人間関係の改善で、他にも縁がある方角とも言われています。

恋愛運の上昇というか、いい出会いがあるともされています。

南西枕

仕事運がアップすると言われています.

一言で説明すれば集中力が上がる方角ですね。

不器用、頭がかたい、頑固者、マジメすぎてしまう人より、思いつきで行動してしまう人が安定したいときにおすすめの方角です。努力、忍耐を養う効果があるとされています。

仕事に集中したい場合には非常にオススメです。

北西枕

こちらも仕事運アップにつながると言っていいでしょう。

地位向上に効果があるとされている方角です。

出世に関連した方角であり、のし上がってやろうという野心家にはオススメの方角となっています。

社会的な地位が欲しい方はこの方角にしてみることをおすすめします。

各種方角の効果まとめ

ここで方角についてまとめておきましょう。

個人的には北東枕がオススメです。

北東枕・・・変化、貯蓄

南東枕・・・人間関係の改善

南西枕・・・仕事運アップ

北西枕・・・地位向上

 - 枕の方角