枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

枕の硬さの選び方~硬い枕と柔らかい枕はどっちがいいの?~

   

LINEで送る
Pocket

枕の硬さについて考える人は多いでしょう。

ふかふかで柔らかい枕がいいのか、それともしっかりと固定できる硬い枕がいいのか。この辺りには好みがあります。

どっちを選べばいいの?

今回はその疑問にお答えしたいと思います。

硬い枕について

まずは硬い枕について説明しましょう。

硬い枕の特徴としては「頭をしっかりと支えてくれる」ことですね。

頭は私たちが思っている以上に重いものであり、首は毎日疲れています。これが”コリ”の原因にもなっているのですが、それについては別の記事で話していきます。

睡眠時に重要なのは頭を固定してくれるという点です。

また、硬い枕は寝返りを簡単に打てるというのも有り難い点です。私たち人間が熟睡するための条件として「簡単に寝返りが打てる」というものがあります。人は睡眠時に何度も寝返りを繰り返します。

硬い枕はその条件を満たしてくれます。

ただし、安易にただ硬ければいいというわけではないですね。枕には自分の好みがあり、硬い枕が合わないと感じる人も多数います。

合わない枕を使い続けるとストレスになります。

 

柔らかい枕について

上記では硬い枕を褒めましたが、別に枕の硬さはそれほど重要ではなかったりします。

好みの問題で、自分が眠りやすい枕で寝るのが一番です。

しかし好みになると、柔らかい枕のほうが人気があります。ふかふかの枕に頭や顔をうずめたい、と考える方は多いでしょう。最近では羽毛布団が人気で、羽毛の枕も人気がありますからね。

ただ、柔らかい枕には注意点があります。

それは柔らかすぎる枕を使用する場合です。

あまりにも柔らかい枕を使用すると、頭と首の位置が固定できません。そのため、寝返りを打つことに無駄なエネルギーを使用することになります。

余計なことに力を使うせいで熟睡することが難しくなります。毎日の無駄なエネルギー消費が積み重なり、長期的な目で見ると大きな負担となります。

柔らかい枕を使用する際にはその点を注意してください。試しに使用する場合は寝返りができるのかという点に注視してください。

 

結論はどっちがいいの?

結論になりますが、基本的にはどちらの枕でも大丈夫です。

ただし、上記でも書きましたが柔らかすぎる枕にだけは注意が必要です。頭を固定して寝返りが打てる枕ならばどれでも大丈夫です。

自分の好みで決めてください。

結局のところ快眠には環境を整えるというのが全てです。ストレスがなく、自分の寝やすい環境でぐっすり眠るというのが最も疲労回復に効果を発揮します。

 - 枕に関する情報