枕情報.com

枕に関する様々な情報を伝えていきます

*

枕を選ぶ際には素材に注意すべし

   

LINEで送る
Pocket

理想の枕を選ぶ際のポイント。

その1つが「素材」です。

この素材というのはもっとも見落としがちなポイントですが、実は非常に重要です。高さや硬さと並び、4大要素として数えられます。今回はこの素材について紹介していきたいと思います。

全部同じじゃないか、と思っている人も一度目を通してください。

素材によって寝心地などが全然違います。

ポリエステル綿素材

fadsfafafafa

特徴としては柔らかい綿素材である点ですね。

そこそこのボリュームがあり、ふわふわの感触が楽しめます。値段も安いのでメジャーな素材のひとつと言えるでしょう。

ただし、綿素材なのでどうしても寿命が短いというのが欠点ですね。使用しているうちにふわふわ感がなくなっていきます。

 

そばがら素材

fadsfafa

そばがらは日本で古くから枕の素材として愛用されています。重量感があり、硬めの枕に使われますね。

特徴としては汗などの余分な水分を吸収してくれるという点でしょう。吸湿性はとても優秀です。価格も比較的安値で、定番の素材のひとつでしょう。

ただし、注意点が2つ存在します。

1つは”そばがらがつぶれて粉が出る”ことがあります。もう1つはアレルギーで、アレルギー症状が出るという方は使えないので注意してください。

 

羽根素材

fafafa

水鳥の羽根を採取して、洗浄した天然素材となっています。

高級感があり、ふわふわの感触が楽しめることで女性に人気の素材です。特徴としては通気性の高さで、冬は温かく、夏は涼しいと素材になっています。

注意する点は羽根に骨があるので、飛び出してくることが稀にあります。

 

低反発ウレタン素材

hhhhhhhhhhhhf

注目を集めている素材です。

NASAのスペースシャトルの宇宙飛行士のために開発されたもので、スポンジ状の素材です。特徴としてはその柔らかさというか、独特なスポンジの感触です。使う人によって形状が微妙に変化することも特徴であり、それによって強いフィット感を得ることができます。

欠点らしいところはあまりなく、あえて挙げるのなら寒くなると若干硬くなるという点でしょう。

 

ビーズ素材

dddddddd

極小のビーズを使用した素材です。

特徴は何と言っても独特な感触ですね。個人差はありますが、好きな人にはたまらない感触となっています。枕よりもクッションなどに使用されていることが多いでしょう。

 

コルマ素材枕

fdfd

あまり有名ではないので知っている人は少ないでしょう、コルマ素材です。

このコルマ素材ですが、1cm程度のプラスチックボールに、2つの大きな穴が空いた形状となっています。特徴として穴が空いているので空気の通りがよく通気性に優れています。

しかし、こちらの素材は値段が高いのがデメリットでしょう。枕で見かける機会が少ないのは値段が高額なためです。さらに素材が動く音が苦痛に感じる人もいます。

 

ストロー素材

fdafa

その名の通り、ストローを切ったような形状をしています。

特徴としては素材の寿命が非常に長く、耐久性に優れています。比較的メジャーな素材であり、人気があります。

注意点としては動く音が気になる点ですね。

 - 理想の枕